株式会社オーガニック国土計画
HOME 会社概要 社長挨拶 業務案内 地図案内 お問合せ
 
会社概要
社長挨拶
業務案内
地図案内
補償コンサルタント
建築設計
測量
リフォーム
   
お問合せフォーム
お役立ちリンク集
採用情報
HOMEへ戻る
  
各地域における安全性、及び、利便性を求めて行われる
『道路拡幅工事』『河川拡幅工事』『都市計画事業』『区画整理事業』『再開発事業』等、
これら公共事業に伴い、私有の用地を取得するにあたり、問題となる事柄を円滑に解決し、広く社会の公共の福祉に寄与することを目的としています。


土地調査

■ 補償業務は、土地の形状、所有権・抵当権などの権利関係を正しく知る事がベースとなります。登記簿の調査はもとより、土地の測量・建物・工作物の一や規模の調査、写真撮影などえを行い、平面図を作成します。また、それらのデータを整理します。これにより、土地などの価値、被補償者等を調査して補償すべき対象が明確になります。

土地評価部門

■ 適正な補償額を導き出すため、正常な取引価格を調査し、環境や形状等によって土地を評価します。周辺地域、同一条件地の調査、環境・地質の検討、公共事業利用空間(地上・地下)、分割・残地の影響などを考慮します。これにより、土地についてのケースバイケースの評価がなされます。

物件部門

■ 一般に公共事業用に土地を取得する場合、建物や工作物は取得の対象になりません。そこで、住んでいる人たちの生活機能を失わせない様に、移転できるものと移転先を考慮したうえで、移転または損失による補償額を算定します。

機械工作物部門

■ 公共用地として取得する土地にある工場内の産業機械、通信機械、医療機械、娯楽機械等の移転費・新設費を算出します。機会自体、その使用工程、工場等の機能、原料、製品等も調査します。機械類は多種多様で、業種によっても異なりますので、個々に適正額を算出します。

営業補償・特殊補償部門

■ 公共用地として提供された土地で行っている営業活動を廃止、休止、営業規模の縮小をしなければならない場合があります。また、その地を拠点にしている漁業・鉱業にも影響があります。それらの損失や仮営業所の設置などに対して、適正な補償額を算出します。

事業損失部門

■ 事業の施行に伴って不可避的に発生する騒音・振動・水枯渇・地盤変動・日陰等による事業損失に関する因果関係の調査及び損失額の算定業務。

補償関連部門

土地の提供や事業によって生活関連にさまざまな損失が生じます。
『生活共同体から離れてしまう』『その他で行っていた経営体から離職してしまう』『生活の基盤を失う』等、周囲の意見を聞き入れた調査をし、補償額の算定をします。

総合補償部門

公共用地取得に関する工程管理や計画図書の作成、補償に関する相談、関係住民等に対する補償方針に関する説明、公共用地交渉業務。


主な実績

建築確認申請、木造建物設計、RC造・S造建物設計、構造計算、建築設備設計、設計監理全般


■ 補償コンサルタントに関するご質問窓口です ■


 
Copyright (C) 2005-2019 Organic Kokudokeikaku Corporation. All Rights Reserved.